足もみでひどいアレルギー性鼻炎が治りました

私は健康の為、足もみ(足つぼ)を実践しています。

足もみのすごいところは、無料で出来て、足を触るだけで、全身に良い効果があるということだと思います。

足に(すべりをよくするため)クリームをつけ、棒や指で力を込めて押してみたり、ゆっくりと滑らせてみると、他の箇所とは違う凝りのようなものがある場所、物理的な痛みとはまったく違うビリッとするような痛みや
時には飛び上がりたくなるような痛みがある場合もあります。

その場所(に対応する体の箇所)が悪い場所なのです。
体の悪い場所が分かったら、そこに溜まっている汚れを流すようなつもりでマッサージしてみてください。
痛いですが、効果はあります。
(理屈としては、強めにもむことによって足の汚れを取り除くだけでなく、痛みが脳に伝わり自然治癒能力が働くそうです)

足つぼの対応箇所は、流派等によって多少の違いはありますが、中国式足つぼでも英国式リフレクソロジーでも基本は同じです。

本来は足もみのちゃんとしたやり方があって、両足の足裏、足の甲(足の甲にもたくさんつぼがあります)をもむと、30分~1時間かかるのですが、時間がない場合は今気になるところ(に対応する足つぼをもむ)だけでも絶大な効果があります。

ピックアップ情報

  • むだ毛が気になり。脱毛をしたいと思った時にサロン選びに役立つのが、実際にサロンに行った人の脱毛口コミです
  • 足もみ健康法:株式会社 足もみ塾

鼻炎が気にならなくなりました

例えば、私は子どもの頃からアレルギーによる鼻炎がひどくて、ティッシュペーパーの箱をいつでも持ち歩かないといけないほどだったのですが、薬は飲みすぎて耐性ができたのか残念ながらまともに効きませんでした。

しかし、鼻に対応する親指の外側と副鼻腔に対応する指の先を痛みに耐えながら押し続けたところ(時々は足もみの先生にお世話にもなっていましたが)、1年くらいたった頃から鼻炎がほとんど気にならなくなり、ティッシュを買いに行く回数も明らかに減りました。

今は病院にも行っていないし、薬も使っていません。
本当はきちんと足もみをしないといけないのですが、しんどいとき、邪魔くさいときもあります。
そういうときのために市販の足もみローラーを買いました。

普通に使っても気持ちがいいし、効果もあるのですが、自分の悪い場所を強くローラーに押し付けるように意識すると、ローラーでもかなり痛く感じ、効いた気がします。

それすら邪魔くさいときは、椅子や机の(支えの為に低い位置にある)横棒に足をこすりつけるように動かすとそれも痛気持ちいいです。

私は相当めんどくさがりなのですが、いろいろな手抜き方法を使って、なんとか毎日足もみを続けて、健康維持をしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ